【セミナーレポート】暮らしから始める健康セミナー&シンポジウムinさいたま

10月27日(土)大宮ソニックシティホール 4階国際会議室にて、
「暮らしから始める健康セミナー&シンポジウムinさいたま」を開催致しました。

チラシをクリックでPDFファイルが開きます▽

医学分野の講演では、昨年に引き続き、イシハラクリニック副医院長の石原新菜先生を講師にお迎えし、建築分野の講演では、一級建築士、省エネ建築診断士でさいたま健康・省エネ住宅推進協議会会員でもある船津地産株式会社 建築部長 清水様にご講演いただきました。
また、パネルディスカッションでは実際に健康省エネ住宅にお住まいの居住者様2名をお迎えし、断熱住宅を建てるまでの経緯や住んでみての体調面や生活の変化などをお話しいただきました。

△医学セミナー「病気しらず、医者いらずの健康生活~体を温めて万病のもとを断つ~」

△建築セミナー「住宅の断熱不足が健康に与える影響と対策」

医学セミナーでは、病気の原因が「食べ過ぎ」と「冷え」にあることについて、ご講演いただきました。「食べ過ぎ」は白血球の働きを鈍らせ免疫力を下げてしまうそうです。また、「冷え」については、体温が1℃下がると各臓器の働きや代謝が低下してしまうこと、体温を上げるためには筋肉をつけること、陽性食品を摂ることが大切であることを教えていただきました。薬に頼らず病気を防ぐためのさまざまな方法を聞くことできる大変貴重な機会となりました。

建築セミナーでは、家の寒さなどが原因となる家庭内の事故死者数が交通事故死者数の約4倍もあることや住宅の断熱性が上がるほど居住者の病気の改善率が高くなることなど、「低温が万病のもと」であることを統計グラフなどを用いて教えていただきました。また、健康で快適に暮らせる家づくりに大切なポイントである、断熱性能のUA値や気密性能のC値などの重要性を分かりやすく教えてくださいました。

パネルディスカッションでは、実際に自宅を健康省エネ住宅に改修したY様と、新築住宅を建てたT様にお越しいただき、体験談をお話しいただきました。
自宅を断熱改修したY様は健康面においては冬場の血圧が下がり、経済面においては年間約18万円だった光熱費が約12万円に下がったそうです。
また、健康省エネ住宅を建てたT様は、健康省エネ住宅に住み始めてからアレルギーアトピーの症状が大幅に軽減されたとのことでした。

お二方とも健康省エネ住宅に住む前と住んだ後で様々な面から大きく効果を感じていらっしゃいました。

▽当日ご参加いただいたお客様からのセミナーのご感想を一部ご紹介いたします。



私たちさいたま協議会では、このようなセミナーなどを通じて一人でも多くの皆さまに
健康で快適な暮らしを叶えるお手伝いができましたら幸いです。

当日ご来場いただいた皆様におかれましては、誠にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セミナー内でご紹介いたしました、健康省エネ住宅につきましてのお問合せは、さいたま健康・省エネ住宅推進協議会 事務局、およびお近くの推進協議会 会員までお気軽にお問い合わせくださいませ。

【10月27日】暮らしから始める健康セミナー&シンポジウムinさいたま 開催

「暮らしから始める健康セミナー&シンポジウムinさいたま」
昨年に引き続き、今年もさいたま市で開催致します。
医学分野では、イシハラクリニック副医院長の石原新菜先生を講師にお迎えし、体の冷えが健康に与える影響と対処法、自然治癒の力で病気を治す方法など、病気にならない健康法についてご講演頂きます。
建築分野では、一級建築士、省エネ建築診断士でさいたま健康・省エネ住宅推進協議会会員でもある船津地産株式会社 建築部長 清水様より、住宅の断熱性能と健康の関係、健康を保つための住まいづくりについて、お話して頂きます。
また、講演に続き、「健康省エネ住宅の普及に向けて」と題したパネルディスカッションを行います。
実際に断熱性能の高い住宅にお住まいの方と断熱リフォームをされた方2名にお越しいただき、断熱住宅を建てるまでのお話や、住んでみての体調面や生活の変化などをお話いただきます。

どちらの内容もこれからの住まい方や暮らし方の参考となるお話を伺う貴重な機会となっております。
皆さまのお申込みを心よりお待ちしております。

【お申込み】
下記必要事項を記載の上、事務局までメールにてお申込みをお願いいたします。
さいたま健康・省エネ住宅推進協議会 事務局/mail:saitama-kenko@matex-glass.co.jp

①お名前(フリガナ) ②お住まいの地域(都道府県/市区町村まで) ③電話番号
④参加人数⑤このセミナーを知ったきっかけ(HP・紹介・チラシを見て等)

*参加費は無料です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【開催概要】
日時 : 2018年10月27日(土)13:30~16:30(13:00より受付開始)
会場 : ソニックシティホール 4階 国際会議室
★大宮駅西口 歩行者デッキ直結 徒歩2分
さいたま市大宮区桜木町1-7-5

チラシをクリックでPDFが開きます。▽
HP告知

【セミナーレポート】暮らしから始める健康セミナー&シンポジウムinさいたま

11月4日(土)大宮ソニックシティホール 4階国際会議室にて、
「暮らしから始める健康セミナー&シンポジウムinさいたま」を開催致しました。

チラシをクリックでPDFファイルが開きます▽
セミナー&シンポジウム チラシ

医学分野の講演では、イシハラクリニック副医院長の石原新菜先生が講師にお迎えし、建築分野の講演では、近畿大学建築学部建築環境システム研究室の岩前篤教授を講師にお迎えし、セミナーを行いました。
また、第三部では健康省エネ住宅にお住まいの居住者様2名をお迎えし断熱住宅を建てるまでの経緯や、住んでみての体調面や生活の変化などをお話いただきました。

0044_xlarge

△医学セミナー「病気しらず、医者いらずの健康生活~体を温めて万病のもとを断つ~」

0055_xlarge

△建築セミナー「住宅の断熱不足が健康に与える影響と対策」

0118_xlarge

△パネルディスカッション「健康・省エネ住宅の普及に向けて」

医学セミナーでは、病気の原因が「食べ過ぎ」と「冷え」にあることについて、ご講演いただきました。「食べ過ぎ」については、白血球を正常に働かせるために空腹の時間が必要であることや、摂取カロリーを少なくすると抗がんや老化防止に効果があることをお話ししていただきました。「冷え」については、体温が1℃下がると各臓器の働きが落ちてしまうことや代謝が約12%低下してしまうこと、体温を上げるためには筋肉をつけること陽性食品を摂ることが大切であることを教えていただきました。

建築セミナーでは、循環器系をはじめ多くの病気の死亡率が冬に高くなること住宅の断熱性が上がるほど居住者の病気の改善率が高くなることなど、「低温が万病のもと」であることを統計グラフなどを用いて分かりやすく教えていただきました。また、米国においては州ごとに住宅の室温に対する規定が決められおり、日本は住宅の断熱性という観点では世界に比べ遅れている現状や日本が抱えている問題を教えてくださいました。

パネルディスカッションでは、実際に自宅を健康省エネ住宅に改修したO様と、新築住宅を建てたM様にお越しいただき、体験談をお話しいただきました。
自宅を断熱改修したO様はリフォーム後には冬場のキッチンや洗面所での足元の冷えが楽になり、暑さ寒さによるストレスが減ったそうです。また、健康省エネ住宅を建てたM様はバリアフリーにもこだわった家でしたが、冬もパジャマ1枚で過ごせるようになり、温度差もバリアフリーになったとお話くださいました。
お二方とも健康省エネ住宅に住んでみて、体調面でも経済面でも大きく効果を感じていらっしゃるご様子でした。

▽当日ご参加いただいたお客様からのセミナーのご感想を一部ご紹介いたします。
アンケート

アンケート②

 

このように私たちさいたま健康省エネ住宅推進協議会は、皆さまに健康で快適な生活を送っていただけるよう、一人でも多くの方にこのようなお話を知っていただけることを願っております。

今後もこのようなセミナーを随時開催してまいりますので、ぜひ一度足を運んでいただければと思います。

当日ご来場いただいた皆様におかれましては、誠にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セミナー内でご紹介いたしました、健康省エネ住宅につきましてのお問合せは、さいたま健康・省エネ住宅推進協議会 事務局、およびお近くの推進協議会 会員までお気軽にお問い合わせくださいませ。

【11月4日】暮らしから始める健康セミナー&シンポジウムinさいたま 開催

「暮らしから始める健康セミナー&シンポジウムinさいたま」
昨年に引き続き、今年もさいたま市で開催致します。
基調講演 医学分野では、イシハラクリニック副医院長の石原新菜先生を講師にお迎えし、体の冷えが健康に与える影響と対処法、自然治癒の力で病気を治す方法など、病気にならない健康法についてご講演頂きます。
基調講演 建築分野では、近畿大学建築学部建築環境システム研究室の岩前篤教授をお招きし、住宅の断熱性能と健康の関係、健康を保つための住まいづくりについて、お話して頂きます。
また、今回は「健康省エネ住宅の普及に向けて」と題したパネルディスカッションを行います。
実際に断熱性能の高い住宅にお住まいの方に、断熱住宅を建てるまでのお話や、住んでみての体調面や生活の変化などをお話いただきます。

どちらの内容もこれからの住まい方や暮らし方の参考となるお話を伺う貴重な機会となっております。
皆さまのお申込みを心よりお待ちしております。

【お申込み】
下記のチラシ裏面に必要事項を記載の上、事務局までFAXをお願いいたします。
さいたま健康・省エネ住宅推進協議会 事務局 FAX:048-658-5605
*参加費は無料です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【開催概要】
日時 : 2017年11月4日(土)13:30~16:30(13:00より受付開始)
会場 : ソニックシティホール 4階 国際会議室
★大宮駅西口 歩行者デッキ直結 徒歩2分
さいたま市大宮区桜木町1-7-5

チラシをクリックでPDFが開きます。▽
セミナー&シンポジウム チラシ

【セミナーレポート】暮らしから始める健康セミナーin川口

3月26日(日)川口市総合文化センターLILIA(リリア)にて、
「暮らしから始める健康セミナーin川口」を開催致しました。

チラシをクリックでPDFファイルが開きます。(611KB)▽
20170326kawaguchi

医学分野のセミナーでは、一級建築士・省エネ建築診断士の清水雅彦氏が講師となり、建築分野のセミナーでは、株式会社ラクラス 代表取締役の羽鳥禎人氏が講師となり、セミナーを行いました。

kenkou
△医学セミナー「医者や薬に頼らず、健康に長生きする秘訣!」

kenchiku
△建築セミナー「住宅の断熱不足が健康に与える影響と対策」

医学セミナーでは、風邪は治療より予防が大切であり、風邪をひかないためには、自然治癒力や免疫力を上げるべきである等のお話をしてくださいました。また、体の冷えが健康にとても悪い影響を与えるため、何よりも体を温めることで免疫が上がることや、湯たんぽ療法や入浴の仕方など、体を温めるための工夫を教えてくださいました。

建築セミナーでは、交通事故の死亡者数が減っている一方、家庭内の不慮の事故での死亡者数が増え続けており、交通事故死者数の約4倍以上の方が住宅内の温度差が原因により亡くなっているといったお話がありました。交通事故に対してはシートベルトの義務化や安全装置の改善がされているにも関わらず、住宅は未だに改善が進んでいない状況です。また、本当の健康省エネ住宅とは何か業者の選び方などを分かりやすくご説明くださいました。

当日ご参加いただいたお客様からのセミナーのご感想を一部ご紹介いたします。
kansou1
kansou2

このように、健康で快適な住宅があるということを伝え続けることは、住む方々の幸せにも繋がるのだということを再認識いたしました。
今後もこのようなセミナーを随時開催してまいりますので、ぜひ一度足を運んでいただければと思います。

当日ご来場いただいた皆様におかれましては、誠にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セミナー内でご紹介いたしました、健康省エネ住宅につきましてのお問合せは、さいたま健康・省エネ住宅推進協議会 事務局、およびお近くの推進協議会 会員までお気軽にお問い合わせくださいませ。

【3月26日】暮らしから始まる健康セミナーin川口 開催

昨年度に引き続き、今年度も「暮らしから始まる健康セミナー」を開催いたします。
第一弾は、川口市 川口総合文化センターLILIA にて開催。

一級建築士、省エネ建築診断士の清水雅彦氏による、医学・住宅セミナーの2本立てとなっております。大手建材メーカーを経て、現在は「真の健康・省エネ住宅」の設計に携わる清水氏ならではの熱い講演をお楽しみに!

【お申込み】
下記のチラシ裏面に必要事項を記載の上、事務局までFAXをお願いいたします。
さいたま健康・省エネ住宅推進協議会 川口セミナー事務局 FAX:048-284-5338

*参加費は無料です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【開催概要】
日時 : 2017年3月26日(日)14:00~16:00(13:30より受付開始)
会場 : 川口市総合文化センターLILIA(リリア)11階 中会議室
     川口市川口3-1-1(川口駅西口正面 徒歩1分)

内容 : 予防医療の重要性、住宅の断熱不足が健康に与える影響についてお伝えします。

チラシをクリックでPDFファイルが開きます。(611KB)▽
20170326kawaguchi

【セミナーレポート】暮らしから始める健康セミナー&シンポジウムinさいたま

11月6日(土)TKP大宮駅西口カンファレンスセンターにて、
「暮らしから始める健康セミナー&シンポジウムinさいたま」を開催致しました。

チラシをクリックでPDFファイルが開きます。▽
暮らしから始める健康セミナー&シンポジウム

基調講演 医学分野のセミナーでは、自然医療の普及に努めていらっしゃる、東京有明医療大学教授 川嶋朗先生、建築分野のセミナーでは、日本エネルギーパス協会 代表理事の今泉大爾先生が、講演されました。

DSCN2463
△医学セミナー「医者や薬に頼らず、健康に長生きする秘訣!」

DSCN2519
△建築セミナー「住宅の断熱不足が健康に与える影響と対策」

医学セミナーでは、風邪についての常識が間違っているというお話から始まり、風邪は治療より
予防が大切
であり、風邪をひかないためには、生活習慣を見直して風邪予防をするべき等のお話をしてくださいました。また、現代人は体が冷えているので、何よりも体を温めることで免疫が上がることや、体を温めるには湯たんぽが効果的で、夜お布団の中に忍ばせたり昼間にお腹や腰などに充てる等をすることでリンパ球が驚くほどにぐんと上がることなど、冷やさないための工夫を教えてくださいました。

建築セミナーでは、日本の家庭用電力市場が8兆円にものぼる中で家電や車は燃費で選ばれているのになぜ住宅は燃費で選ばれていないのかといったお話から、交通事故の死亡者数と家庭内の不慮の事故での死亡者数の比較や断熱されていない住宅での温度差によるヒートショック現象などをわかりやすくお話いただきました。また、イギリスと日本の冬の気温がほぼ変わらないのにも関わらず、日本の住宅の断熱化がいかに遅れているかなど断熱住宅とエネルギー・健康の関係性をグラフや図でわかりやすくお話しくださいました。

また、「健康省エネ住宅の普及に向けて」をテーマに実際に断熱性能の高い住宅にお住まいのお二方を交え、パネルディスカッションを行い、断熱住宅に住む前と後の暮らしや体調の変化についてお話しいただきました。ご自宅を高断熱住宅に改修したM様は、改修前と後で部屋間の移動が苦でなくなったことで活動的になり、何より冷え症の奥様が効果を実感されているとのことです。
また、高断熱高気密住宅の新築住宅を建てたT様は、持病のリウマチが改善され、暖かい住宅に住むことでこんなにも生活が快適になるとは思いもしなかったという感想を述べられていらっしゃいました。いずれも冬季のエネルギー消費量が減り、体調の改善が見うけられたとのことで、高断熱住宅が健康に与える影響が大きいことが分かります。

当日は、61名の方が足をお運び下さいました。
ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セミナー内でご紹介いたしました、新築住宅・断熱改修に伴う補助事業(スマートウェルネス住宅等推進モデル事業)につきましては、さいたま健康・省エネ住宅推進協議会 事務局、およびお近くの推進協議会 会員までお気軽にお問い合わせくださいませ。

【11月5日】暮らしから始める健康セミナー&シンポジウムinさいたま 開催

「暮らしから始める健康セミナー&シンポジウム」
今年は、さいたま市で開催致します。

基調講演 医学分野では、昨年に続き、東京有明医療大学の川嶋朗先生を講師にお迎えし、体の冷えが健康に与える影響、免疫力の上げ方など、健康に長生きする秘訣についてご講演頂きます。
基調講演 建築分野では、日本エネルギーパス協会 代表理事の今泉大爾先生をお招きし、住宅の断熱性能と健康の関係、健康を保つための住まいづくりについて、お話して頂きます。

また、今回は「健康省エネ住宅の普及に向けて」と題したパネルディスカッションを行います。実際に断熱性能の高い住宅にお住まいの方にお話を伺う貴重な機会となっております。

皆様のお申込みをお待ちしております。

【お申込み】
下記のチラシ裏面に必要事項を記載の上、事務局までFAXをお願いいたします。
さいたま健康・省エネ住宅推進協議会 事務局 FAX:048-658-5605
*参加費は無料です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【開催概要】
日時 : 2016年11月5日(土)13:30~16:30(13:00より受付開始)
会場 : TKP大宮駅西口カンファレンスセンター 6階 ホール6A
★大宮駅西口 徒歩2分 ビックカメラ隣
さいたま市大宮区桜木町1-8-1

チラシをクリックでPDFが開きます。▽(751KB)
暮らしから始める健康セミナー&シンポジウム

【レポート】第2回 スマートウェルネス住宅推進工務店サミット

2月16日(火)、一般社団法人 健康・省エネ住宅を推進する国民会議が主催する、「第2回 スマートウェルネス住宅推進工務店サミット」が、横浜市のナイス株式会社 本社にて開催されました。

当日は、新築住宅が対象となる「サスティナブル建築物等先導事業」の説明、各地域の協議会による事例発表、増改築工事が対象となる「スマートウェルネス住宅等推進事業」における健康調査の中間報告が行われました。

増改築工事が対象となる「スマートウェルネス住宅等推進事業」の詳細はこちら▽
◆スマートウェルネス住宅等推進事業

さいたま健康・省エネ住宅推進協議会からは、株式会社 松本材木店 松本社長が、バリアフリー視点の改修事業について発表されました。

DSC_1463_s△介護リフォーム事業の課題を指摘。
DSC_1465_s△改修工事において見落としがちなポイントを、住まい手の立場から説明しています。

介護リフォーム事業においては、ケアマネージャーとの連携が重要であること、ケアマネージャーの知識不足やと改修事業者の対応力不足が課題であることなどを、わかりやすくお話いただきました。

平成28年度は、継続となる「スマートウェルネス住宅等推進事業」、新たに始まった「サスティナブル建築物等先導事業」の2つの補助事業を柱に、より健康で省エネにつながる住宅を普及促進してまいります。

【セミナーレポート】暮らしから始める健康セミナーin川口

11月23日(月・祝)川口総合文化センター「リリア」にて、
「暮らしから始める健康セミナーin川口」を開催致しました。

チラシをクリックでPDFファイルが開きます。(727KB)▽
kawaguchi

医学分野のセミナーでは、自然医療の普及に努めていらっしゃる、東京有明医療大学教授 川嶋朗先生、建築分野のセミナーでは、高気密・高断熱住宅の普及活動をされている、一級建築士、省エネ建築診断士、CASBEE戸建評価員 清水雅彦様が、講演されました。

IMG_0142_s
△医学セミナー「お任せ医療は日本を滅ぼす!」
IMG_0180_s
△建築セミナー「住宅の断熱不足が健康に与える影響と対策」

医学セミナーでは、風邪についての常識は間違っている、というお話しから始まり、前半は、医療現場の実情、日本における代替医療について講演いただき、後半では、お任せ医療にしないために、自ら学び、行動することが重要であること、日常生活で実行できる「あい(愛)う(運動)え(栄養)お(温活)」についてご講演いただきました。「病気になったら医者に行く」ではなく、「病気にならないように生活する」という、意識の転換を訴えていらっしゃったことが印象的でした。

建築セミナーでは、交通事故の死亡者数と、家庭内の不慮の事故での死亡者数の比較から始まり、断熱されていない住宅での温度差によるヒートショック現象などを図やグラフを用いて、わかりやすくお話いただきました。また、イギリスやアメリカの住宅の断熱性能に関する政策をご紹介いただき、日本の断熱住宅がいかに遅れているか、新築における気密性能・断熱性能の見極めポイントなどをお話いただきました。

当日は、69名の方が足をお運び下さいました。
ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セミナー内でご紹介いたしました、断熱改修に伴う補助事業(スマートウェルネス住宅等推進モデル事業)につきましては、さいたま健康・省エネ住宅推進協議会 事務局、およびお近くの推進協議会 会員までお気軽にお問い合わせくださいませ。

1 / 212